今田 勝  piano composer


明治大学卒業後 全国各地のコンサート、フェスティバル等で精力的な活動を続け、現在 ピアノトリオを中心にスタンダード・ジャズや、フュージョン・グループ「 NOW'IN 」 でオリジナル曲の演奏活動もしている。

ニューヨークにてデビット・サンボーン、ブレッカー・ブラザース、スティーブ・ガット等とレコーディング、同じくニューヨークで制作したグローバー・ワシントンJR、スティーブ・カーン グループ等とのフュージョン アルバムはレコードヒット賞を受ける。

レコードヒット賞2枚、録音グランプリ金賞を含むリーダーアルバムは40枚に及ぶ。


1994年ジャズ界で個人を対象にした最高栄誉の 「 南里文雄賞 」 を受賞。


1998年長野冬季オリンピックにジャズ演奏で参加。


2005年 ジャズ生活50周年記念リサイタルを銀座ヤマハホールで開催。
新曲を加えた 「 今田勝 50周年記念メモリアル・ベスト・コレクション 」 CD2枚組みをアート・ユニオンより発売。


2008年日本国際交流基金主催による フランス・パリの日本文化会館で開催された 「 JAZZ IN JAPAN 08 」に出演。 又、日本大使館主催による 中央アジアのウズベキスタン・タシケント、「コンセルバトワール ホール 」での公演では、TV・新聞等で好評を得る。


2013年日比谷公会堂で毎年開催される日本で一番歴史を誇る「 日比谷 サマージャズ・フェスティバル 」に45年間連続出演し、ジャズの振興と向上に尽力した功績として表彰される。